東洋医学の「気」「血」「水」について知っておくこと

東洋医学において人の身体は「気・血・水」が順に循環することかr田成り立っていると考えられていあmす。
この「気・血・水」がみだれることが病気を生じさせているとされています。

気とは
病気とか元気とかの「気」です。
目には見えないですが生命活動のをつかさどるものです。
東洋医学では臓器や骨格はただの入れ物役だ
命の本質はその中を流れる「気」だと考えられています。
この「気」が乱れると、体内の空気やガスの変調が起こり
しゃっくり
げっぷ
おなら
などが多くなります。
また感情に置き服も激しくなり、しびれや麻痺gは起こります。

血とは
身体の中を隅々までいろいろな栄養や酸素を食っているのが血液です。
東洋医学では瘀血と呼ばれる血が停滞している状態をいいます。
血が乱れると
歯だあrws
肩こり
不眠
のぼせ
月経異常
など血液の循環が悪いためにさまざまな症状が現れます。

水とは
水が乱れると
めまい
頭痛
大汗
むくみ
下痢
尿の異常
喉の渇き
痰が多くなる
といった症状が出ます。

冷え症の改善には東洋医学が向いている理由
身体中が冷え切っていると自律神経も乱れてきあmす。
乱れの原因となっている冷え症を改善しない限りこの症状は治りません。
冷え症の改善に東洋医学が向いているとされているのも、東洋医学では身体の悪い箇所だけでなく身体全体をみるからです。
東洋医学でいう「気・血・水」が乱れているから病気になると考えられています。
「気」とは目に見えないエネルギー
「血」とは血液
「水」とは血液以外の退役です。
この3つが身体を十分にめぐってこそ調和がとれている状態で健康な身体です、
冷え症はこのバランスが乱れているから起こるものとされています。

「気・血・水」が冷え長を理解するうえでとても重要なポイントとなるのです。

冷えは自律神経失調の元となり、そのもとからの原因を解消しないと改善しあm線。
身体げ冷えると
血液の循環
水はけ
新陳代謝
が悪くなり
身体中のバランスが崩れるのです。

よもぎ蒸し 自宅 やり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です