前衛的で洗練されていた頃のオークリーデザインの腕時計

オークリーの腕時計が好きです。

オークリーのミニッツマシーンタンクと云うモデルの腕時計で、もうかれこれ15年以上に渡って長い間、大切に使用していて愛着がある腕時計だからです。
2005年頃にオークリーのセレクトショップにて、一目惚れをして即決で購入致しました。このミニッツマシーンタンクもその頃にデビューした製品です。

見た目について記載します。
この腕時計は戦車をコンセプトにデザインされており、製品名のミニッツマシーンタンクですが、タンクとは戦車と言う意味です。
戦車に使用されているキャタピラ(駆動輪)を模した、この大きなリストバンドはこの腕時計の中でも特徴的で一番に目を引くデザインです。
リストバンド、ベゼル、共に表面がピカピカで派手な処理はされておらず、半艶で表面処理加工が施されており戦車と言う製品名でもある
シンプルでありながら無骨でいて攻撃的な、デザインと表面加工処理をしていてその両方がとてもよく表現された製品だと私は思います。
黒い文字盤のタイプとシルバーに近い色で表現された白っぽい文字盤タイプ、黄色、赤、確か青も用意されていたような記憶があります。
リストバンドもチタン製とラバーバンドの2種類が用意されていました。
ちなみに時計を収納している別売りのケースも、チタン素材でデザインもクールでかっこいいケースです。

機能について述べます。
スイス製のムーブメント、文字盤もクロノグラフで大きく見やすい日付の表示、6針アナログディスプレイ、ストップウォッチ、パワーセーヴィング構造(省電力)
累計時間の計測等、機能それ自体も多機能なスイス製クロノグラフムーブメントです。

オークリーの歴史についてお話します。
他の時計メーカーと比べて、比較的に新しく1975年に設立されたメーカーです。
モトクロス、BMXのハンドグリップメーカーとして歩み始めその後、機能性を備えたレンズ、ショットガン(散弾銃)に打たれても傷がつかない偏光レンズを開発し
デザインと機能の両方を併せ持った製品を送り出すスポーツサングラスのメーカーになりました。
米軍にはサングラスやゴーグル、ブーツ、グローブ等が正式採用されており、2005年には音楽プレイヤーとサングラスを融合させて一体化させた
ユニークな製品、テンプを発売しています。

ブランドの魅力をお伝えいます。
2005年から2012年頃にかけてのオークリーは、スポーツサングラス、レンズ、ゴーグル、時計、靴、バッグ等のデザインが
挑戦的で攻撃的かつ洗練されており、スポーツサングラスは特に魅力があってイチロー選手が愛用したジュリエット、マイケル・ジョーダン選手のマーズクレーターや
映画ミッションインポッシブルの冒頭シーンでトム・クルーズ氏が着用していたロメオ等がとても印象的で有名です。
サングラスは素材にも拘っており、X-メタルフレームで構成されていて素材もチタン合金素材を使用しています。
腕時計や靴、ゴルフバッグからスノーボードのゴーグル、そして野球、ゴルフで使用されたスポーツサングラスが特に魅力的で数多くのアスリートのファンが
多いことでもよく知られたブランドです。

総評について述べたいと思います。
腕時計と云う物は不思議な製品だと私は考えます。
時間を正確に刻むことだけでなくそれ自体が、腕にしている方の人格、思想、センスをも表していると言ってしまうのは大袈裟でしょうか。
センスは着ている服や腕時計に反映されると言う言葉を聞いたことがあります。
私個人はこの腕時計に対してそんな想いがするのです。

購入 チーアンドチー

何故か縁がない?親戚からのお見合い話

30歳以降となれば、女性の身内が心配しだしますよね。両親から親戚、ご近所さんが噂するようになり、行き遅れ、結婚はまだ?なんて言われることもしばしばあります。

そうして、親戚がお見合いの話を持ってくることも。そんななかで、世間ていからお見合い話を受けてしまう女性も多いです。わたしもそのうちの1人でした。

親戚からのお見合い話

父親の従兄弟から、わたしへのお見合い話がありました。相手方の男性はもちろん、実家の近くであり田舎で親と同居をしている人です。電話で話を受けてから、釣書を送って欲しいと伝えました。そして、郵送でお互いの釣書を交換したのです。相手の男は田舎暮らしのために、介護職。地元の介護施設に勤務しているという話。

優しそうで悪くない、そういう印象を受けたわたしは会うことを決めました。お見合い前日、実家へ親戚から一本の電話が入ったのです。

それは、「相手方の都合でお見合いは延期にしてほしい」という内容でした。なんでも、施設で亡くなった人がいるそうで、警察への対応が忙しいという事情。

そういうことで、相手方とのお見合いも延期へ。

なぜか、整わない縁談

そのあとも親戚の者と父との間で、「いつ2人を合わせるか」というやりとりがつずいていました。わたしも生活が補償されていないのに、実家へ頻繁に戻ることもできず、その旨を父へ伝えたところ、相手方と折り合いがつかない様子、何よりも父が自分の娘の言い分を相手方へと伝えることが苦手な様子で、親戚はとうとうさじを投げる状態へ。

そして、彼とは縁がありませんでした。

なぜ、整わないのか

この縁談は、家族及び親族からもたらされた縁談です。なんとしても2人を合わせよう。。という意気込みなしには実現しなかったのだと思いました。特に、父親はわたしの意見を相手方に伝えることが苦手で、相手方も私の意見を尊重することができなかった、この辺りが原因と思われるのです。

結果、相手のことを尊重できない人と縁を結ばずによかったと思いました。

白衣コン 料金

奈良県、桜井市の大神神社の御神体、三輪山には呼ばれないと行けない?

先週末、横浜の友達と、奈良県桜井市にある大神神社に参拝してきました。大神神社のご神体は三輪山という山で、この山に登ることを「登拝」といいます。

この三輪山は、呼ばれた人しか登拝できないと言う人がいます。呼ばれなければ、当日何かの用事が入ったり、大雨で結局登拝できなかったりするということなのです。

もちろん、そのようなことは神社が言っているのではなく、インターネットで知ったのですが、実のところはどうなのでしょうね?

とにかく、私は登拝することができたので、呼んでいただけたということでしょうか…。

12時までに受付をします。大神神社ではなく狭井(さい)神社という神社から登拝することになるのですが、こちらは、ご神水がいただける神社なのですが、ペットボトルを洗ったりすることはできませんので、水筒かすでに洗っているペットボトルを用意してください。

500ml100円でもいただけます。とても美味しいお水ですよ。

登拝は往復で3時間程度。日頃運動不足なら多少キツイです。年配の方もお子さんも登拝されており、中には裸足の方もいらっしゃっいます。

登拝のあとは、心が洗われるようなすがすがしい気持ちになります。

ちなみに三輪山内での写真撮影や飲食、草木を持ち帰ることはできません。

大神神社の近辺にはいくつか素麺のレストランがあります。どこも美味しいですが、なかでも「三輪そうめん流し(こういう名前)」さんでは、流しそうめんが楽しめます。

テーブルの上に水が勢いよくグルグルまわる円形の装置があり、そこに素麺を入れて食べます。子供さんはとても喜ばれると思いますよ。

ずっと見ていると目が回りそうです。内装も綺麗で清潔。気になる味も最高です。

お豆腐や釜めしまで付いて980円くらいで、とてもお得。大神神社に参拝する際はとてもおすすめのレストランです。

三輪素麺は、このあたりの名物のようですね。それから、大神神社の大きな鳥居のそばに、みむろ最中という、甘さ控えめでとても美味しい和菓子が販売されています。

探偵 浮気 調査