奈良県、桜井市の大神神社の御神体、三輪山には呼ばれないと行けない?

先週末、横浜の友達と、奈良県桜井市にある大神神社に参拝してきました。大神神社のご神体は三輪山という山で、この山に登ることを「登拝」といいます。

この三輪山は、呼ばれた人しか登拝できないと言う人がいます。呼ばれなければ、当日何かの用事が入ったり、大雨で結局登拝できなかったりするということなのです。

もちろん、そのようなことは神社が言っているのではなく、インターネットで知ったのですが、実のところはどうなのでしょうね?

とにかく、私は登拝することができたので、呼んでいただけたということでしょうか…。

12時までに受付をします。大神神社ではなく狭井(さい)神社という神社から登拝することになるのですが、こちらは、ご神水がいただける神社なのですが、ペットボトルを洗ったりすることはできませんので、水筒かすでに洗っているペットボトルを用意してください。

500ml100円でもいただけます。とても美味しいお水ですよ。

登拝は往復で3時間程度。日頃運動不足なら多少キツイです。年配の方もお子さんも登拝されており、中には裸足の方もいらっしゃっいます。

登拝のあとは、心が洗われるようなすがすがしい気持ちになります。

ちなみに三輪山内での写真撮影や飲食、草木を持ち帰ることはできません。

大神神社の近辺にはいくつか素麺のレストランがあります。どこも美味しいですが、なかでも「三輪そうめん流し(こういう名前)」さんでは、流しそうめんが楽しめます。

テーブルの上に水が勢いよくグルグルまわる円形の装置があり、そこに素麺を入れて食べます。子供さんはとても喜ばれると思いますよ。

ずっと見ていると目が回りそうです。内装も綺麗で清潔。気になる味も最高です。

お豆腐や釜めしまで付いて980円くらいで、とてもお得。大神神社に参拝する際はとてもおすすめのレストランです。

三輪素麺は、このあたりの名物のようですね。それから、大神神社の大きな鳥居のそばに、みむろ最中という、甘さ控えめでとても美味しい和菓子が販売されています。

探偵 浮気 調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です