高齢の親がまだ元気なうちに聞いておくこと|病院選びやその費用

もしものときのことって親に予め聞いておきたいことは宅さなりますが、なかなか聞けないこともたくさんあります。
でも、それを高齢の親がまだ元気なうちにこそ聞いておかないと困ることもあります。

それは
入院する時の病院選びやその費用をどうするか?
です。

病院選びやその費用についての話は、実際に親が倒れたり入院したりした時に初めて話題にのぼるのが一般的です。
しかし、もし親が他獲れた時に意識がなく、コミュニケーションがとれない場合はどうすればいいのでしょうか?
もちろん話を聞いたからといて、病状や費用の問題の解決ができないことも多いのですが、その決断をする時に
「親が元気なうちにこう言っていたから」
ということがあらかじめわかっていれば兄弟姉妹たちとの調整もずいぶん楽になるものです。
今まで、そしてこれからも親の介護や面倒をずっとみてきた子供からすれば、病院を選ぶ際は自分の近くにある病院を最優先させたいものです。
shじかし、親は自分ン0お住み慣れた地域の病院を希望するかもしれません。
しかしう、看病する子供からすればそれは大変な負担となります。
ですから世話をする子供が通いやすい場所にある病院ならば見舞いや顔を出す機会が増えます。
そのことを予め親にも納得してもらわないといけません。
親の了承が得られたなら、機会を見つけて親のかかりつけ医にそのことを事前に相談しておいて紹介状を各病院選びのことや自分の住むエリアの病院のことも調べておきましょう。

また医療費や入院費を年金収入や貯蓄で賄えるのか?
加入している生命保険はどんな保障内容か?その手続きの方法は?
親に確認しておくといざという時に慌てなくて済みます。
医療費の一ヵ月の自己負担の上限は4万2千円で、これを超えた場合は超過分を健康保険が負担してくれる「高額療養精度」のこともしっかりと調べておきましょう。
ただし、これは保険の適用分だけで入院となるとそれ以外にも差額ベッド代やクリーニング代にゅいんじの食費用の一部
保険対象外の高度先端医療の技術料
など自己負担が増えることもあることに注意しておいてください。
高齢者 歩けなくなったら

男社会と女性進出

以前の会社は男社会。現場仕事が多くいつも作業着。支給される制服は作業着のみ。

会社内で女性は2人のみ。年齢は50歳超えた人ばかり。中に同年代30代)がいたけど知らない間にフェードアウトしたのか気が付いたら退職していた。それぐらい面白い会社だった。

順風満帆に行ってはいたが、部署変更で朝は7時出勤の退社が20時ころ。

過程では上から高校生2人と中学生がいた。

ご飯は前日から仕込んでおいて、朝は4時半起床でお弁当3つ、掃除機して洗濯物を干して準備して出勤。少しその生活に疲れを感じていた所に友人が転職の話を持ってきた。友人がリーダーのプロジェクトを手伝ってほしいと半ば強引に引き抜きの話を持ってきたけれど、私のあまり乗り気でなかったけどどうしてもと泣きつかれ引き受けてしまった。それがどうも失敗だった。後の祭りだけど・・・

話がずれてしまったけど、プロジェクトに参加したけど誰の意見も通らないリーダーと社長のみの進行で私たちはいわゆるしもべだったのがわかった。

友人もその一人だけど、彼女が生き残ってきたのも長い物には巻かれろ精神で一人頑張ってきたと思うと知らない土地でやってくるには強くなるしかなかったのだろう。

一部同情はするけど。私は何のために引き抜かれたのか今となったらわからない。

何故、以前の会社は男社会でざっくばらんに会話も出来るしいざとなった時みんなが助けてくれた。

今の会社は困ることも助けが必要も失敗もない分、女社会で人間関係に潰されそう。

女性が上に行き上司となる。自分の歳より年上の男の人を部下として対応するのはかなりの馬力がいる。

どちらの世界も経験してくるとやはり、男社会の中に女性が入る方がすべてうまくいく気がする。

女性も強く賢く進出してきたけど、でも男性と同じ立場ではなく譲り合い精神でやっていくのが一番なのではないかと思う。

女性のやり方と男性のやり方は全く違うので肩を並べるのではなく男社会の中で女性を引き立ててくれるのが一番女性が活躍できるのではないかと思う。SHElike シーライクス 転職 オンライン