高齢の親がまだ元気なうちに聞いておくこと|病院選びやその費用

もしものときのことって親に予め聞いておきたいことは宅さなりますが、なかなか聞けないこともたくさんあります。
でも、それを高齢の親がまだ元気なうちにこそ聞いておかないと困ることもあります。

それは
入院する時の病院選びやその費用をどうするか?
です。

病院選びやその費用についての話は、実際に親が倒れたり入院したりした時に初めて話題にのぼるのが一般的です。
しかし、もし親が他獲れた時に意識がなく、コミュニケーションがとれない場合はどうすればいいのでしょうか?
もちろん話を聞いたからといて、病状や費用の問題の解決ができないことも多いのですが、その決断をする時に
「親が元気なうちにこう言っていたから」
ということがあらかじめわかっていれば兄弟姉妹たちとの調整もずいぶん楽になるものです。
今まで、そしてこれからも親の介護や面倒をずっとみてきた子供からすれば、病院を選ぶ際は自分の近くにある病院を最優先させたいものです。
shじかし、親は自分ン0お住み慣れた地域の病院を希望するかもしれません。
しかしう、看病する子供からすればそれは大変な負担となります。
ですから世話をする子供が通いやすい場所にある病院ならば見舞いや顔を出す機会が増えます。
そのことを予め親にも納得してもらわないといけません。
親の了承が得られたなら、機会を見つけて親のかかりつけ医にそのことを事前に相談しておいて紹介状を各病院選びのことや自分の住むエリアの病院のことも調べておきましょう。

また医療費や入院費を年金収入や貯蓄で賄えるのか?
加入している生命保険はどんな保障内容か?その手続きの方法は?
親に確認しておくといざという時に慌てなくて済みます。
医療費の一ヵ月の自己負担の上限は4万2千円で、これを超えた場合は超過分を健康保険が負担してくれる「高額療養精度」のこともしっかりと調べておきましょう。
ただし、これは保険の適用分だけで入院となるとそれ以外にも差額ベッド代やクリーニング代にゅいんじの食費用の一部
保険対象外の高度先端医療の技術料
など自己負担が増えることもあることに注意しておいてください。
高齢者 歩けなくなったら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です