女友達に自分の彼氏の自慢をする女性ほど満たされていない

「もう、今度の彼氏ってすっごいやきもちやきで困っているの・・・」
そんな愚痴とも自慢ともとれる自慢話を鼻高々にする女性がいます。
でも、それは彼女自身が実際にはどこか満たされない心の隙間を女友達に自慢することで埋めようとしているだけかもしれません。

たとえば自分が100点満点中の100点愛されていてすごく嬉しいと感じていれば「自慢もしないしヤキモチも焼かせるなんてことはしません。
しかし彼氏からの愛情が100点から50点に減ったような気がしたら、相手にヤキモチを焼かせてそれを埋めようとするのです。
彼氏にやきもちを焼かせることでプラス30点
女友達にそれを自慢することプラス20点
それで帳尻を合わせているのです。

ダメ女が女達に恋愛の話を必要以上にしてくるのは、なにか彼氏に対しての空虚感からではないでしょうか?
本当に愛して愛されていると自覚しているのならあまり自分の恋愛の相談なんてしません。

もちろんハッピーなことなら思わず女友達に話したくもなりますが、そんなハッピーなことばかりそう毎日毎日起こることではありません。

しかし、そんな話を聞かされる女友達はいい迷惑です。
「なんだ、また彼氏の自慢は無し話か・・・」
と感じるだけです。
先ほどの100点満点から減った愛情のマイナス50点のうちの20点を埋めるためにする彼氏の自慢話に相手はいい印象を持ちません。
逆に100点満点に愛されている人のハッピーな話は聞いている方にも嫌な感じはしません。
100点満点に愛されているからこそ120点にしたくて思わず「ねえ聞いて!聞いて!」となるのでしょう。
そんな時にはきっと彼の愚痴や悪口なんか言いません。
きっと彼氏の、マヌケな部分やかっこ悪い部分をいうのでしょう。
まあ、これも裏を返せば自慢ともいいえるのですが・・・
こんな話を第三者の女友達にできるのも互いに尊敬しあっているからだと思います。
こんな話だからこそ女友だちも笑って聞けるものです。
クリアネオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です