段取り8割、仕事は2割!勝負は準備で決まります

段取りとは仕事を始める前に方法や順序をあらかじめ決め、必要な物を準備することです。
仕事の成果は
段取りで8割
その仕事を実際にこなす作業で2割
で決まると言われています。・

ですから、いざ仕事を始める前にしっかりと段取りを考えていかねばなりません。
この段取りがうまくいいくかどうかはズバリ想像力が大いに関係してきあmす。
「今回の仕事の目的は?」
「どんなものがしたいのか?」
「期日はいつまでに?」
最終的なゴールを決めて逆算的に考えなくてはいけません。
そしてそのために必要な物を
作業
手配
関係者への連絡事項や確認事項
それらにトータルでまず考えスケジュールも決めていきます。
必ず関係しそうなことや考えられることは予め徹底的に洗い出しておくことが重要です。
もちろん想定されるトラブルも考えておきましょう。
「こんなトラブルが起こったらこんな対処を考えておこう」
そうしておけば、いざトラブルに遭遇しても慌てなくて済みます。

とかく知識や経験を積んでくると
何が必要で
どんな方法がベストなのか?
どんなトラブルが起こるのか?
どんどん簡単にイメージがしやすくなってきます。
これがいわゆるノウハウとなって、仕事の効率が上がっていくのです。

段取りとは自分のおキャリア計画にも当てはめることができます。
短期的な観点
中期的な観点
長期的な観点
それぞれの観点から自分のキャリアの段取りを考えていくのです。
「もっとたくさんお給料をもらいたい」
「独立したい」
「資格を取りたい」
それにはどんな情報を集めればいいのか?
また
その実現の方法は?
そのひとつひとつに段取りを考えていくのです。
そのイメージが具体的であればあるほど
・準備
・実行
・実現
となっていくでしょう。
人生を決める勝負は
段取り8割
仕事2割
勝負は最初で決まってしまいます。
だからこそ、段取り上手にならなくてはいけないのです。
「忙しい!忙しい!」と嘆いている人ほど段取りが下手なのです。
段取り上手な人はいつもゆったりと仕事をしています。
腰痛 マットレス 治った

最近増加している依存症はどんなもの?

近年の依存症には、「アルコール依存症」や「薬物依存症」、「買い物依存症」、「ゲーム依存症」などと様々な依存症が発症しており、よく耳にする機会が増えてきたと思います。
社会人だけではなく、大学生には「薬物依存症」や「アルコール依存症」の人が増えてきていたり、早ければ小学生にも「ゲーム依存症」の人がいたりしてます。
また、最近ではコロナで自粛もあり、暇だからゲームやネットに依存する人も増えています。

まず、「依存」とはいったいなになのでしょうか。
依存とは、他人や組織、モノに対して愛情や支持、援助などを求めて、それがなくては生きていけない状態のことを言います。

昔より現代の方が「依存症」が増えていると言われています。
増えている理由としては、「ポスト核家族化」が増えてきていたり、「少子化」や「格差社会」などがあげられています。
昔より現代の方がモノは豊かになったはずなのですが、心は逆に豊かさを失われつつあります。

依存症が進んでいくと、ひどい苦痛をおぼえ、日常生活で不都合を感じるようになります。
依存症になっている本人よりも周囲が悩むというケースもあったりします。
しかし、アルコールや薬物などの物質依存症以外の依存症というのは、ほとんどの人が「治療が必要」と思っていません。
なので、依存症から回復しようと思うなら「本人が絶対にやめないといけない」状態にならなくてはなりません。
回復したいと思うなら、重度でなければ自分や家族の協力で直した人も多数います。
体験談が参考になるはずです。
依存症克服の案内所|依存症から抜け出す方法

依存症は、まず自覚することから始まっていきます。
薬物の使用や多量のアルコールなどは、身体や脳に多大な影響を及ぼすこともあります。
特に若いうちは大きな問題です。
依存症にならないようにするためにも、「良い依存」を心がけるようにしましょう。

良い依存とは、主体性のある人間として、相手(モノや人)を尊重しながらお互いを支え合い、助け合うことを言います。
その相手に頼り切ると悪い依存になってしまうので、程よい距離感を保つように心がけるようにしましょう。