• ホーム
  • 肝炎の予防や降圧に効果があるサプリメントを利用

肝炎の予防や降圧に効果があるサプリメントを利用

2019年09月04日

日頃の生活習慣が乱れていると生活習慣病を発病するリスクが高くなります。
生活習慣病には高血圧をはじめ糖尿病や脂質異常症等がありますが、アルコールの過剰摂取等が原因となって肝炎を引き起こす可能性もあります。
どの病気も一度発病すると元の状態に戻すことは困難ですから、普段から予防に努めることが大切です。
高血圧を放置しておくと血管に負担がかかるため、心臓や脳の病気に繋がりやすくなります。
改善が可能な状態であればサプリメントを利用したり運動療法や食事療法で血圧を下げていきます。
しかし、このような方法で改善が見られない場合は降圧剤が処方されるでしょう。
降圧剤とは、その名の通り血圧の上昇を抑える働きを持つ薬です。
一口に降圧剤と言っても色々な種類があり、患者一人一人の症状や体質に合わせて選ばれます。
自分の体に合わない降圧剤もあるので、必ず医師が処方した薬を服用しましょう。
肝臓に起こる病気の中でも肝炎は症状が進行した状態と言えるでしょう。
ただ肝炎にはウイルス性やC型肝炎等の種類があるので、適切な治療を受けて重症化を予防することが大切になってきます。
アルコールを過剰に摂取する方は肝臓に負担がかかっているため、肝障害を起こす危険性があります。
アルコール性肝炎を予防するためにも摂取量を適量にしたり、禁酒を始めるのもいいでしょう。
肝臓に良いとされるサプリメントもあるので、肝臓機能に不安がある方は積極的にサプリメントを利用するというのも一つの方法です。
特にオルニチンやタウリンといった成分を含むサプリメントが人気を集めています。
オルニチンもタウリンもしじみに含まれており、直接しじみを食べることで補給できますがサプリメントの方が手軽に摂取できます。

関連記事
降圧には、栄養食事指導を受け、食事改善をする

高血圧の人達は、食事改善を注意されます。それまでの食事内容をふり返り、食事内容を見直します。特に塩分量を減らすことが必要となります。辛い味が好みの人達には、急に塩分量を少なくする食事改善は、とても苦痛なこととなります。薄味は味がしなくて物足りないと思う人達が高血圧になりやすくなっています。食物の素材

2019年10月01日
降圧剤や透析をしている方も活用できるCOOP共済

掛け金の安さと対応の迅速さで評価の高いといえばCOOP共済です。病気や手術時はもちろんですが事故やケガによる通院の場合も1日目から保証し、電話一本で共済金の申請が可能なので、ケガをしやすいお子さんのお守り代わりに加入している方もいらっしゃいます。COOP共済のもう一つのメリットは、コースによっては告

2019年08月05日
高血圧でむくみやすい?転倒と動脈硬化指数の関係性

転んで骨折してしまう、高齢者は多いと言われています。転んでしまうのは歳だからと、考えてしまいがちですが、実は動脈硬化よって転倒しやすくなっているかもしれません。特に足の動脈が詰まってしまう、閉塞性動脈硬化症を発症すると、転びやすくなってしまう為、注意が必要です。閉塞性動脈硬化症を起こすと、足の細胞に

2019年07月17日
降圧剤のダメなところは副作用の強さ

降圧剤とは、血圧を下げるための薬のことです。降圧剤には血圧を下げるのみならず、動脈硬化や糖尿病、腎障害などの病気を予防する効果もあると言われています。高血圧は軽度ならよいですが、ひどくなってしまうとたいていは降圧剤を使用しなければダメな場合が多くあります。降圧剤にもいろいろな種類がありますが、強さは

2019年06月20日
高血圧から動脈硬化を招く理由

生活習慣病には、高血圧や動脈硬化、糖尿病や高脂血症といった種類が挙げられます。特に動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞といった、発症すると重い後遺症や死亡する例もある、大変恐ろしい病気の引き金となります。ですので、気になる方も多いのではないでしょうか。動脈硬化は血中のコレステロール値が上昇する事で、起こるとい

2019年06月02日
降圧剤を服薬することで起こるリスク

血圧を下げる薬「降圧剤」。現在、効果や作用によって大きく分けて6種類の薬が使用されており、アムロジピンは高血圧治療によく使用されます。アムロジピンなどの薬は、血圧の治療に必要ではありますが、服用を続けることで起こるリスクがあるのです。高血圧は、血管が狭くなったり血液量が増えることにより、全身に血を送

2019年05月22日